建築工事は優れたデザインも必要

建築工事を行う時は安全性、耐震性がきちんと守られていないといけないですが、それ以外に優れたデザインというのも大事です。デザインが優れていなければ人の関心を惹きつけることもできませんし、魅力がある建築物だと思ってもらうこともできないでしょう。ですから見た目で惹きつけることというのも大事です。 続きを読む 建築工事は優れたデザインも必要

ガスヒートポンプエアコンで猛暑日の電気使用量を削減

 夏場の猛暑対策のためにエアコンがフル稼働に状態になりますが、その時心配なのは電気の使用量です。日本中のどこでもエアコンが一斉に使用されれば、電気の使用量は飛躍的に膨れ上がります。夏に電気使用量が増える時こそ節電を考えないといけないですが、かといって猛暑日にエアコンを使用しないわけにもいきません。そんなエアコンの使用に関して、新しいテクノロジーが注目を集めています。それは、ガスヒートポンプエアコンです。 続きを読む ガスヒートポンプエアコンで猛暑日の電気使用量を削減

解体工事について私が思う事

これまでに解体工事を舌ことがあるという方もいるかと思います。ですが、実際に解体工事をする時は意外とどこの業者に任せれば良いかかなり迷ったと思います。

なぜなら、実際に解体工事をしてもらおうと思った時には思った以上に多くの費用が掛かるからです。 続きを読む 解体工事について私が思う事

建築工事で神主を呼んで地鎮祭をするかしないか

kouji26街なかの建築工事の前によく見かけるのが地鎮祭で、神主を呼んで祝詞を上げてお祓いをしてもらうことで、土地の神の許しを得るという昔からの儀式です。
大きな工事のときは、地鎮祭では鍬入れの儀式も行われますが、三角錐に盛った不思議な砂に鍬を入れることにより、工事の開始を意味するといいます。 続きを読む 建築工事で神主を呼んで地鎮祭をするかしないか

注文住宅で重要なのはコンセプトとコミュニケーション

house26新居を購入するとき、建売住宅にするか、注文住宅にするかは少なくない人が悩む事柄ではないでしょうか。それぞれにメリット(もちろんデメリットも)が存在しますが、今回は注文住宅に焦点を当て、建築に当たっての重要なポイントを解説してみたいと思います。 続きを読む 注文住宅で重要なのはコンセプトとコミュニケーション

賃貸経営のポイントは家賃設定にあり

chintai26 賃貸経営のポイントは、やはり家賃設定です。毎月の収入を多くしようと思ったらなるべく高い家賃にすれば手っ取り早いです。ですが、それで本当に毎月の収入がアップするのかといえば、なかなかそう上手くはいきません。なぜなら、高い家賃にしてしまうと収入の要となる肝心の入居者が少なくなってしまうからです。つまり、家賃を相場より高くすることは、収益性を不安定にしてしまいます。もちろん家賃に見合うだけの物件ならば多少家賃が高くても人は集まるのでしょうが、それだけの物件にしていくためには専門の知識と工夫を要します。 続きを読む 賃貸経営のポイントは家賃設定にあり

不動産業者の選び方

fudosan26不動産業者の選び方は、良い住宅や土地を購入するときには非常に重要です。住宅や土地の購入だけではなく、賃貸の際にもとても大切になります。選び方を間違ってしまうと、あまり良くない住宅や土地を購入してしまうことに繋がりますし、賃貸でもあまり良くない物件を紹介されてしまうことになります。業者の選び方としては、まずは購入しようとしている土地に強い業者を選ぶという方法があります。業者によっては、強い土地と強くない土地があります。仮に千葉県に強い業者がいるとすると、その業者は東京都になるとあまり良い物件をかかえていないこともあります。 続きを読む 不動産業者の選び方

マンションの窓ガラスでの被害

窓ガラス25リビングに大きな窓があるマンションに住んでいた時のことです。
大型の台風が近づいていて、雨も風もすごくて、窓からも外の荒れている天候が
良く分かる状態でした。
雨が窓に当たる音も聞こえていて、大丈夫かな~と心配していたのですが、
気が付いたら、窓ガラスのサッシ部分から、雨水が浸透してきているのに
気が付いて、大慌てしました。ガラスの横にはソファーを置いていて、ソファーまで
雨水が浸透してしまいました。
慌てて雑巾で、窓のサッシの部分を埋め込むようにして保護しました。 続きを読む マンションの窓ガラスでの被害

建築設計事務所で働いてみて感じたこと

28私は学生時代に建築設計事務所でアルバイトをしたことがあります。実はその体験が今でも非常に役立っていると実感する機会がたくさんあります。今日はその点について簡単に記したいと思います。
私が実際に事務所で行ったことは雑務だけでなく、図面を描くことも行いました。設計図を作製する際には施主様の意見や要望を取り入れて行います。私はそれまでこうしたことを行うのが設計士の仕事だと考えていました。しかし、実際に働いてみるとそれではいけないということを痛感しました。 続きを読む 建築設計事務所で働いてみて感じたこと

良い設計事務所の基準とは何か?

13多くの人にとって建築設計事務所とかかわるのは自分のマイホームを建てる時ではないでしょうか。普段生活していてなかなか関わる機会はありません。しかし、マイホームを建てることは一生に一度の大きな買い物のため失敗したくありません。では、どうすれば失敗しないで設計会社を選ぶことができるでしょうか。今日はその点について役立つ点を記したいと思います。
まず、注目できる点は有資格者の数です。設計する上で必要なのは専門的な知識ですが、これは有資格者の数で図ることができます。しかし、有資格者の数が多ければそれで安心というわけではありません。次に注目できるのは、実績です。その設計事務所はこれまでどのような物件の設計を行ってきたでしょうか。 続きを読む 良い設計事務所の基準とは何か?