意外と簡単!DIYで出る木くずの処分

木材を使用したDIYなどに取り組んでいると、どうしても木くずが発生してしまいますよね。大量の木くずを見て、「どうやって処分しよう…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。普段はあまり考えることもない木くずの処分方法ですが、実際は意外と簡単です。
と言うのも、ほとんどの自治体では木くずは「燃えるゴミ」該当するので、燃えるゴミの日に出せばいいだけ。指定の袋などがある場合は、それに従いましょう。

ただし、木くずではなく木片などの塊の場合、大きさによっては有料での引き取りになります。具体的な大きさは自治体によって異なるので、事前に確認しておきましょう。混雑状況によっては引き取りまでに日数がかかるので注意してください。
ちなみにですが、余った木くずをハムスターなどの小動物のゲージに敷いておくと言う手段もあります。経済的にも地球にも優しく、汚れたらそのまま処分するだけ。また、猫のトイレ用の砂にするのもいいですね。少量だけなら、そのままトイレに流すのも良いでしょう。ただし、量が多かった場合はトイレが詰まってしまうので注意してください。
普段はあまり処分する機会のない木くずですが、処分方法はそこまで難しくないので安心してくださいね。