重油の特徴と気をつけることについて

tanker26石油と比較しても、重油について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。石油と違う特徴として、水に溶けないという特徴があり、水よりも軽いという特徴があります。さらに、黒褐色をしていて、石油よりも粘度が非常に高くなっているのが特徴です。石油などよりも沸点が高く、また消防法によって、危険物に指定されています。

その用途なども、石油とは全く異なると言えるでしょう。たとえば、石油は主に家庭用としても使用されていますが、重油は、工場や、制作現場などの産業機械などに使用されますし、さらにボイラーなどを動かすための燃料としても使用されています。

また、臭いなどにも特徴があり、とても独特な臭いがすることでも知られています。このため、重油が流出してしまった事故などの場合、河川や海などが酷い臭いになってしまい、公害になってしまう恐れがあります。また、臭いをかぐだけで気分が悪くなってしまったりする方も多いと言えるでしょう。

また、重油は、燃えた場合に有毒ガスが発生するというのも大きな特徴です。また、引火しやすいという特徴がありますので、火の元に近づけたりしないように、取り扱いには十分に注意をする必要があると言えるでしょう。